<スポンサードリンク>

2016年、史上に残る大ヒット映画『君の名は。』が登場。新海誠監督の金字塔とも言えるこの名作が、テレビ朝日で正月に地上波初登場します。そのニュースで沸き立っていたら、さらに、朗報が♪
 
なんと、『君の名は。』以外の新海誠監督作品「4つ」が、これも年始にノーカット放送されるのです。
 

年始「新海誠祭り」開催!

テレビ朝日は、11/12(日)に2016年のもう一つの大ヒット映画『シン・ゴジラ』を放送しました。これって、かなり画期的なことだったのかも...です。それというのも、映画『シン・ゴジラ』の配給会社は東宝。そして、テレビ朝日が筆頭株主の配給会社は東映なんです。東映とパイプが強いテレビ朝日が、東宝の作品を放送するのは、珍しいことなのか???
 
いろいろ、過去の映画放送を調べたら、特にそういうことはないみたいですね。東宝配給の作品も結構、放送しています。少し先走りました...。
 
そういう内部事情は別にして、テレビ朝日は、2016年の大ヒット映画『シン・ゴジラ』の放送に続けて、同じく2016年の最大ヒット映画『君の名は。』も地上波放送することにしたのです。快挙♪

「新海誠祭り」が...

テレビ朝日は「新海誠祭り」を5作品で展開します。

  • 1/1放送『秒速5センチメートル』
  • 1/1放送『星を追う子ども』
  • 1/2放送『言の葉の庭』
  • 1/2放送『雲のむこう、約束の場所』
  • 1/3放送『君の名は。』

 
1/1放送は、0:20〜4:00で2本を一挙ノーカット放送。
1/2放送は、1:05〜4:00で2本を一挙ノーカット放送。
そして、1/3は21:00から『君の名は。』を放送します。
 
実は、新海誠監督の一番最初の公開映画作品は『ほしのこえ』で、2002年に発表されました。これも素敵な作品なので、年始の『新海誠祭り』を機に、ご覧頂ければと思います。
 
放送時間が深夜帯なので、ビデオ撮りして、後日、お子様を含めて、ご家族でお楽しみください。お子様には難しい作品ばかりですが...。
 
それでは、次に放送順に「新海誠祭り」作品の簡単な解説を載せます♪

『秒速5センチメートル』1/1放送


※画像出典:http://guruhujan.blogspot.jp/2012/11/blog-post.html  

『秒速5センチメートル』作品情報

  • 監   督:新海誠
  • 脚   本:新海誠
  • 製作総指揮:新海誠
  • 公   開:2007年3月3日
  • 上映の時間:63分
  • 音   楽:天門

 
新海誠監督3作目の公開映画作品です。

『秒速5センチメートル』あらすじ

惹かれ合う男女が、時間と距離でどう変化していくのか、そういうものを3つの短編連作構成で表現しています。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3つです。

「桜花抄」(おうかしょう)

東京の小学校に通う貴樹と明星は、他人にはわからない想いを抱き合っていましたが、卒業と同時に明星が栃木へ転校。その後、文通などが始まるも、今度は貴樹が鹿児島へ転校することになったのです。惹かれ合う2人にとって絶望的な距離でしたが、貴樹は明星に遭いに行く決意をするのです...。

「コスモナウト」

種子島の高校3年生・花苗は、中学2年の春に東京から転校してきた貴樹にずっと恋心を抱いていました。だけどそれをずっと伝えられない。そんなとき貴樹が卒業後には東京の大学へ行くと花苗は知り、ある決心をするのです。しかし、告白しようとしたそのとき、ずっと遠くにある「何か」を見つめる貴樹を見たとき、花苗は告白を諦めるのです。そして...

「秒速5センチメートル」

貴樹は東京でサラリーマンとして働きはじめます。恋もしましたが成就せず。そして、遠距離をものともせずに遭いに行ったあの日のことを思い、ずっと明星を思い続けてきたことを改めて知るのです。そんなとき、貴樹は、小学校の頃の通学路として通っていた踏切で、明星をすれ違うのですが...。

『星を追う子ども』1/1放送


※画像出典:http://www.cwfilms.jp/hoshi-o-kodomo/top.php

『星を追う子ども』作品情報

  • 監   督:新海誠
  • 脚   本:新海誠
  • 公   開:2011年5月7日
  • 上映の時間:116分
  • 音   楽:天門
  • 主 題 歌:熊木杏里「Hello Goodbye & Hello」

 
新海誠監督、公開作品4作目。


<スポンサードリンク>

『星を追う子ども』あらすじ

母と2人暮らしの明日菜。父は明日菜が幼い頃に他界しています。明日菜はある日、「アガルタ」から来た少年・シュンと出遭いますが、後日、シュンが遺体で発見。明日菜は「死後の世界」に興味を抱くようになり、そして、シュンと瓜二つの少年シンと出遭います。後日、明日菜はクラスの臨時担任の森崎、そして、明日菜になついている小さな猫ミミの2人と1匹で、広大な地下世界の旅をスタートさせるのです。

『言の葉の庭』1/2放送


※画像出典:http://chara-art.com/?mode=grp&gid=1652356&sort=n

『言の葉の庭』作品情報

  • 監   督:新海誠
  • 脚   本:新海誠
  • 原   作:新海誠
  • 公   開:2013年5月31日
  • 上映の時間:46分
  • 音   楽:KASHIWA Daisuke
  • 主 題 歌:秦基博「Rain」

 
新海誠監督5作目の公開映画作品です。

『言の葉の庭』あらすじ

靴職人を目指す高校生のタカオ。タカオには「雨の日の1限目は授業をサボって、庭園で靴のデザインをする」という彼流のルーティンがありました。そのルーティーンで、タカオは、ユキノに出遭います。ユキノはタカオより1周りくらい年上の女性で、雨の庭園で朝飲みしている変なひとです。年齢も違うそんな2人の交流が続き、やがてタカオはユキノの靴をつくろうと決めます。しかし、梅雨が明けると、2人の出遭いはなくなったのです。夏休みが終わり、2学期がはじまると、2人は意外なところで再会します。それはタカオが通っている高校でした。やがて...

『雲のむこう、約束の場所』1/2放送


※画像出典:http://www.bs11.jp/movie/post-58/

『雲のむこう、約束の場所』作品情報

  • 監   督:新海誠
  • 脚   本:新海誠
  • 製作総指揮:新海誠
  • 公   開:2004年11月20日
  • 上映の時間:91分
  • 音   楽:天門

 
新海誠監督2作目の公開映画作品です。

『雲のむこう、約束の場所』あらすじ

史実とは違う、もうひとつの戦後世界を描いています。1996年、日本は南北に分断されています。青森県津軽半島に住む中学3年生の浩紀や拓也たちは、異国エゾ(北海道)にそびえる純白の塔に憧れを持っています。そして、飛行機で国境である津軽海峡を飛び越えて、白い塔まで飛んでいく計画を立てるのです。しかし、その秘密の計画がクラスメイトの佐由理にバレ、2人は佐由理を塔まで連れて行くという約束を交わします。
 
そんな夢のような計画と、実際の国同士の闘いが交錯し...。

『君の名は。』1/3放送


※画像出典:http://discostaaar.com/kiminonawa

『君の名は。』作品情報

  • 監   督:新海誠
  • 脚   本:新海誠
  • 製   作:新海誠
  • 公   開:2016年8月26日
  • 上映の時間:107分
  • 音   楽:RADWIMPS

 
新海誠監督6作目の公開映画作品です。

『君の名は。』あらすじ

ひょんなことから東京四谷に住む高校2年生・瀧と、岐阜県の糸守町に住む高校2年生・三葉の意識の入れ替わりが起きます。身体はそのままに、意識だけが入れ替わってしまうのです。そんな入れ替わりが1ヶ月ほど続き、突然、入れ替わりが終わります。瀧は、消えゆく記憶を元に、三葉探しの旅を友達を決行。その旅先で、三葉が彗星の欠片落下による町焼失のため、すでに3年前に死亡していたことを知るのです。そして、瀧は決心します。もう一度だけ入れ替わりを起こして、三葉を巣くおうと行動をするのですが...。

『君の名は。』の入れ替わり完全ネタバレ

『君の名は。』では瀧と三葉の入れ替わりが判りにくいです。その完全解明・ネタバレを事前に知りたい方は、こちらの記事もどうぞ♪

 
映画『君の名は。』を見てから、このネタバレ記事を読むか、読んでから見るか。それは自由ですが、あなたの疑問を解消するお手伝いになることは請け合います♪

年始を待ちきれないあなたに...

新海誠監督作品は、動画配信サービス各社で視聴が可能です。それぞれで基本料金内で見放題の作品もあれば、追加料金が発生するものもあります。詳細は、それぞれの動画配信サービスでご確認ください。以下、視聴が可能な動画配信サービス先を列挙しておきます。

まとめ

年始にテレビ朝日が行う「新海誠監督祭り」。元旦から3日までの間に、一挙5作品をノーカットで放送します。
 
放送は深夜帯が主体で、かつ、男女の恋愛の機微が主体の作品群ですから、お子様には少し難しいかもしれません。でも、録画などを活用し、ぜひご家族で楽しんでいただければと思います。
 
※アイキャッチ画像の出典:http://happy-lifek.com/kiminonaha

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事