<スポンサードリンク>

 
一昨年末に中学2年でプロ棋士になった藤井聡太。2017年の活躍は凄まじいものでした。最初に話題になったは連勝記録ですね。
 
2018年になってからも驚きの連続です。C級順位戦で優勝し五段昇段。その直後、全棋士が参加する朝日オープンで佐藤名人、羽生竜王を連覇、そして、優勝。結果、五段昇段から2週間ほどで六段に昇段しました。
 
しかし、実は2017年、藤井聡太プロはとてつもないことをやってのけていたのです♪
 

2017年度、四冠達成!

藤井聡太六段(現在)は、2017年に凄いことをやってのけていたのです。
2017年の対局数、勝数、勝率、連勝の記録4部門、すべてトップにたったのです。
2017年はプロデビュー以来の連勝にばかり世間の目は奪われてしまいましたが、実は、着実にすごいことをやっていたのですね。以下、記録は12日対局分までです。
 
【対局数】

  1. 藤井 聡太六段 70局
  2. 豊島 将之八段 58局
  3. 三枚堂達也六段 56局

 
【勝数】

  1. 藤井 聡太六段 59勝
  2. 豊島 将之八段 42勝
  3. 大橋 貴洸四段 41勝

 
【勝率】


<スポンサードリンク>
  1. 藤井 聡太六段 0.843
  2. 大橋 貴洸四段 0.774
  3. 永瀬 拓矢七段 0.765

 
【連勝】

  1. 藤井 聡太六段 29連勝
  2. 藤井 聡太六段 14連勝
  3. 永瀬 拓矢七段 13連勝

 
これらの四冠を見ていただくと、2位との差の大きさに驚きます。「連勝」に至っては、2位も藤井プロです。つまり、単に、「凄い」というだけでなく、「ものすごく凄い」ってことなんですね♪
 
藤井聡太プロ、まもなく高校生になりますが、恐ろしき中学生です(^_^;;

四冠は3人目!

藤井聡太プロが達成した四冠は史上3人目です。
過去は1969年度に内藤九段が達成。
そして、羽生竜王に至っては、1988年度、1989年度、1992年度、2000年度と4回も達成しているのです。
 
ということは、恐らく...
藤井聡太プロは、羽生竜王以上に5回、6回と四冠を達成しちゃうんでしょうね。楽しみです。
羽生竜王と違うことは、藤井聡太プロがデビュー間もないということです。それでこれですから...。

4月から高校生・藤井聡太六段

2018年度、藤井聡太プロは高校生になります。
藤井プロが高校生時代にどんな記録、タイトルを手にするのか。
とっても楽しみです。
 
勝手な想像ですが、きっとタイトルを2つくらいとって、八段くらいにはなっているのかもしれませんね。
私たちは、かつていなかったほどの天才をリアルタイムに目にしているのです。
これからもしばらく、藤井聡太プロに注目です♪
 
※アイキャッチ画像の出典:ぱくたそ  

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事