<スポンサードリンク>

忙しさが増した12月に突入して、あちこちから市長・町長・市議たちの呆れた話が飛び込んできました。「1匹いたら、あと30匹はいるぞ」というゴキブリ同様に、これらの呆れた人たちは全国各地に、まだまだたくさんいるのでしょうか。
 
【年末呆れ話3題】はじまり、はじまり。
 

1.5km先から女性のヘルプが聞こえた町長!?

まず、1番目に登場するのは、岩手県・岩泉町の伊達勝身・前町長です。今回の騒動の責任を取り、12/9に辞職しました。

※画像出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00000565-san-soci

わいせつ疑惑(?)の顛末

この問題、12/6、岩手日報が記事にして表面化しました。10月中旬早朝のできごとです。
 
その早朝、伊達勝身町長(当時、以下、同じ)は自宅で就寝中に、女性の「助けて」という声が聞こえたのです。それは、1.5km先にあるホテル(経営者は伊達町長自身)に宿泊中の女性記者の声でした。伊達勝身町長は74歳という年齢にもかかわらず、1.5kmを走ってホテルに到着。そして、女性の部屋をたたきます。すると女性記者が出てきて、伊達勝身町長は安心したのか、抱きつき&キスをしたというのです。
 
女性記者はこのときのショックで休職中。

いさぎよく(?)辞職!?

伊達勝身町長は、この問題が露見してから、「病気による幻聴が原因」と釈明しましたが、「進退については辞職を含めて考えていく」と表明。そして、12/8の町議会で辞職を申し出て全会一致で承認され、12/9付けで辞職に至りました。

ゴキブリ議員、食堂をつぶす!?

次は、不祥事発覚後も開き直りで辞職をしないゴキブリ議員こと、乾浩人・石川県加賀市市議(47)の不祥事。
以下、「ゴキブリが入っていると特定の食堂を誹謗した議員」を略して「ゴキブリ議員」と称することにします。

※画像出典:http://fun-fun-science.com/inui-hiroto/

「ゴキブリ市議」の不祥事顛末

石川県加賀市の乾浩人市議は当選2回。直近は今年9月に「無投票」で当選を果たしています。立候補が定数以下なので「無投票」ということです。一応、制度にはあるので、これ自体で批難はできません(当然!)。
 
でも、この乾浩人市議は、2回目の当選が確定する以前の5月にとんでもない問題を起こしていたのです。
 
個人的な私憤から、特定の食堂に対して「ゴキブリを出している」というようなことをSNSにアップして、この食堂の評判を著しく毀損し、30万円の罰金刑を受けていたのです。この食堂は店を閉めてしまいますが、閉店が乾浩人市議の「とんでも行動」の結果なのかどうかは定かではありません。しかし、罰金刑になったので「相応の問題」は「罰」として認識されたわけです(罰金30万円の略式命令が出たのは11/22です)。
 
乾浩人市議は、そんなことはおくびに出さずに立候補し、無投票当選に至るのです。
 
この「ゴキブリ市議問題」は12/5に新聞報道などで明らかになりました。


<スポンサードリンク>

乾浩人市議、ゴキブリのようにしぶとい!?

乾浩人市議が所属する自民党加賀支部は、乾浩人市議を12/7付けで除名処分にしました。一方、加賀市議会は、12/11に辞職勧告決議を全会一致で可決しました。
 
しかし、「ゴキブリ市議」はしぶといです。
辞職勧告を「重く受け止める」と述べる一方、「辞職をするなという支援者の声もある。今後、議員として自分ができる全てのことを精いっぱいしていきたい」と、人気の2021年10月までの続投宣言をしたのです。
 
この乾浩人市議、マスコミ報道によると女性問題が出てくる出てくる。さらには、議員バッジを思いを寄せた女性にあげちゃったなど...。おひおひです。

市長室でセクハラし放題市長!?

幻聴町長、ゴキブリ市議で驚いていたら、今度は「市長室でセクハラし放題市長」の不祥事が、12/12に飛び込んできました。
 
福井県あわら市の橋本達也市長(63)です。

※画像出典:http://news.nicovideo.jp/watch/nw3141567

市長室をホテルにしちゃった市長の顛末

橋本達也市長は、あわら市議などを経て、2007年の市長選で初当選。現在3期目です。
 
この橋下市長、とある女性(既婚)に同乗の車内で抱きついたり、公務中、市長室でキスをしたりしていたのです。そして、女性側から抗議を受けて、2016年1月には「わび状」を書いていたのです。
 
本件については、まだまだ情報は少ないものの、橋本達也市長の会見の模様はニュースで流れています。
それをかいつまんで書くと...

  • 市長室でキスするなどの行為に及んだことは認めている
  • 女性に好意を持たれていると想っていた
  • 市民に申し訳ない
  • 進退については今の所考えていない

と語っています。
 
つまり、行為そのものは認め、それが不適切であったことも認めたのですが、市長の椅子には「しがみつく」と宣言したのです。おひおひ、おひおひ。

まとめ

今回、記事にした破廉恥不祥事3題は、氷山の一角なのでしょうか。こういう不祥事が出ると、マスコミは全国各地に目を耳を張り巡らせ、きっと「2018年は市町村長&議員たちの不祥事満載の年」になるのかもしれません。
 
そういう方々は当選させないように気をつけないと...ですね。
 
さらに、今回の3題では、2人が開き直るように辞任しないという経緯に呆れるばかりです。有権者がこれほどバカにされた不祥事をそのままにしておかなければならないという現実。残念ですね。
 
※アイキャッチ画像は、3題のなかでもスペシャルに問題かもという1人を選びました。

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事