<スポンサードリンク>

Hulu、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXTなどなど、最近は「動画配信サービス」が充実し、どれを選んだらいいのか迷うほどになりました。さらに、それぞれが扱うコンテンツ、ハマること受け合いの面白いものがたくさんあるのです。そして、一度、ハマってしまうと...困るのが通信制限なんですね。
 

今、動画配信サービス(SVOD)が面白い!?

動画配信サービスは「Subscription Video on Demand」といって「SVOD」と略称されます。このサイトでは、「動画配信サービス」もしくは「SVOD」という文言を使いますので、よろしくね♪
 
で、この「SVOD」、この数年でとても充実してきたのです。まさに、どれを選んでいいのか困るくらい。それぞれ特徴がありますが簡単に説明しますね。

Hulu

本家はアメリカで、日本進出は2011年8月と、それなりの歴史があります。現在、日本のHuluは、日本テレビ系列になっています。
 
Huluの特徴は、他のSVODと違って、月額基本料金以外には、視聴料金はかからない、つまり、すべての動画が基本料金内で見放題だということです。他のSVODは、それなりの数の有料視聴コンテンツを抱えています。でも、Huluならば、見放題で安心というのが、なによりの特徴です。
 
コンテンツ的には、海外ドラマが人気作品を含め充実しています。
 
難点は2つでしょうか。

  1. 見放題限定なので映画などの最新作の扱いが遅い。
  2. ダウンロード機能がない。

 
Huluについて気になる方は、こちらからどうぞ♪

Netflix

Netflixは、190カ国以上に配信をしている世界最大のSVODです。
 
次の写真のように、アメリカではテレビのリモコンにフツーに「Netflix」接続ボタンがあるのです。つまり、アメリカの人たちは、フツーにテレビコンテンツを楽しむように、シームレスに「Netflix」を楽しんでいるのです。

(画像出典:pixabay)  
日本では2015年9月からサービス開始しています。
 
Netflixの特徴は「オリジナルコンテンツ」が充実していることでしょうか。Netflixは資金量が豊富で、オリジナルコンテンツに年間5〜6千億円投入していると言われています。そんなこともあり、Netflixがつくるコンテンツは、映画専業がつくるコンテンツにも質的に劣らないと言われています。さらに、各映画賞にNetflixオリジナルコンテンツがノミネートされるようにもなりました。
 
そして、もうひとつの大きな特徴は、「世界同時配信」が原則だということです。日本で話題になった又吉直樹氏の芥川賞受賞作品『火花』の映像化にいち早く取り組んだNetflix。その作品内容は原作通りに「日本文化の色濃い作品」であるにも関わらず、190カ国世界同時配信されたのです。
 
また、料金設定も多種あり、自分の楽しみ方に合わせてチョイスできるのも素敵な特徴のひとつです。
 
ずっと使い続けているユーザーとして、難点は...「見当たりません」。


<スポンサードリンク>

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、後発のSVODです。そして、SVOD専業というよりも、Amazonの各種のサービスを受けられる「Amazonプライム」のひとつのサービスという位置づけです。サービスのひとつではありますが、そのコンテンツの質と量は、ハンパないものであり、他のSVODを凌駕しはじめています。
 
ある情報によると、最近の契約数でいうと、SVODという観点では、一番はAmazonプライムビデオなんだとか。書籍分野で書籍販売専業各社を廃業に追い込んでいるAmazonですが、SVODの世界でも他を寄せ付けない規模になりつつあるのです。
 
Amazonプライムビデオは「Amazonプライム」サービスの一環であり、一番の特徴は、その「安さ」なのかもしれません。「Amazonプライム」は年間3900円(税込み)のサービスで、月に直すと、325円(税込み)です。これは、国内では安値である「dTV」の月額540円(税込み)を大きく下回る金額です。しかも、SVOD以外のサービスも受けられるのです。Amazon恐ろし...です(笑)。
 
Amazonプライムビデオの扱いコンテンツですが、タイトルや出演者で検索すると、その視聴可能な量は、他のSVODに見劣りしません。それどころか、最近は、オリジナルコンテンツが充実してきました。SVOD各社が「いま一番怖い存在」が、Amazonプライムビデオでしょう。
 
Amazonプライムビデオが気になる方は、こちらから「Amazonプライム」の会員登録を検討してみましょうね♪

U-NEXT

U-NEXTは日本の会社で、2015年10月からサービス開始をしています。運営会社は東証Ⅰ部上場しています。
 
U-NEXTの最大の特徴は、有料コンテンツが豊富で、映画などの新作の取り扱い(たいてい有料です!)が早いことでしょうか。見放題を含め、その扱いコンテンツ量は、国内で視聴可能なSVODでは最大かもしれません。
 
難点は、その月額料金でしょうか。月額でいうと、ここで紹介するSVODでは最大の2千円ちかくという金額になります。ただし、その半分程度がポイントとしてつきますが...。
 
U-NEXTが気になる方は、こちらを参照くださいね♪

dTV

dTVはドコモが運営しているSVODです。2013年8月には会員数450万人突破ということで話題になりました。現在は、ドコモ以外のキャリアでも視聴可能になっています。
 
dTVの特徴のひとつは、月額料金の安さでしょう。ただし、上述した通り、Amazonプライムビデオには及びません。でも、税込み540円というのは圧倒的な安さではあります。
 
そして、利用者として感じるのは特徴的なコンテンツがそれなりに充実しているということです。それは「お笑い」、そして「舞台」です。それぞれ「とっても豊富です」とは言いがたいですが、「舞台」などに興味がある方には、検討していただいたいSVODです。
 
一方、難点のひとつは、複数端末での同時視聴は「できない」ということでしょうか。これについては、他のSVODでも同様の視聴制限をしているものもありますが...。
 
dTVが気になる方は、こちらからご検討ください。

ハマると困る通信制限!?

さて、ここまでで、サイト管理人「たもつ」(以下、「私」と記します)が実際に使ってきたSVODを紹介させていただきました。どのSVODでも、ハマるコンテンツがたくさんあることはお約束できます。無料視聴期間などを活用して、自分にあったSVODが選べるといいですね♪
 
そして、あなたがSVODにハマると大変なことがひとつあるのです。それは通信制限です。
 
SVOD各社のコンテンツは、パソコンでも、スマホでも、タブレットでも、そして、ネット接続可能なテレビでも視聴することができます。つまり、いつでも、どこでも視聴できるというのが、映画やテレビコンテンツとは違う、大きな特徴です。
 
動画コンテンツ(ドラマや映画)は、一度ハマるとシリーズものは全部見たいと思うものです。割と手空きな時間は通勤時間。なので、通勤の行き帰りにもSVODを楽しみたいと思うのは当然の流れです。そこで、電車内やバスなどでSVODコンテンツを楽しむようになると...「通信制限」が壁になるのです。
 
現在、主流の「通信量」は月5GBくらいでしょうか。私は随分以前からHuluにハマっており、この「通信制限」には泣かされてきました。最初の10日間くらいで「通信制限」にひっかかってしまうことが続いたのです。その度に、「通信量」を買い増すことを繰り返す。そんなこともあり、随分前に月額通信量を「20GB」で契約しなおしました。これなら「通信量」を気にせず、電車内・バス内でSVODコンテンツが楽しめる...と思ったら、大間違い。
 
何かの作品にハマると、すぐに20GBなんかは越えてしまうのです。

スマホやタブレットにはダウンロードは必須!?

この通信制限のリスクを減らす方法はひとつ。
見たいコンテンツをスマホやタブレットにダウンロードしておくことです。もちろん、そのダウンロードは自宅など、Wi-Fi環境などが整ったところでやってくださいね。
 
このダウンロード機能を活用すれば、電車内やバス内で、通信量を気にせずにコンテンツを楽しむことが可能です♪
 
ただし、すべてのSVODがダウンロードに対応しているわけではありません。上記に紹介したSVODのなかでは、Huluがダウンロードに対応していません。改めて書きますが、上述したNetflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、dTVはダウンロードに対応しています。
 
なので、Huluにハマったコンテンツでも、それが他のSVODで扱いがあるのなら、そちらかのダウンロードすることがお勧めですね。もっとも、複数のSVODに登録するのが前提になってしまいますが...。

まとめ

今回、SVODをいつでもどこでも楽しむためには、ダウンロード機能活用がお勧めというお話をさせていただきました。
 
スマホやタブレットに、「今見たい作品」を複数ダウンロードしておくことで、「いつでもどこでも動画ライフ」を実現することができます。
 
こういう体験を重ねていく結果、テレビや映画業界が衰退するのは確実かも...そう感じています。
※アイキャッチ画像の出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事