<スポンサードリンク>

昨年末くらいから、家にあるDVDやCD、本の整理をしています。収集癖が昂じて、足の踏み場もない状態だったのを「大掃除中」というわけです♪
 

DVD買取業者と接触する前準備

今回、たくさんあるDVDを売ることにしました。
この1年くらいを振りかえっても、それらのDVDを見ることは、「ほぼなかった」のです。つまり、所有している意味がないのです。
 
それに、最近、動画(映画、ドラマなど)の類いは、月額制動画配信サービス(SVOD)があれば十分ですから、所有していることはムダなわけです。
 
決断したら早いです(笑)。
まず、売るDVDをExcelを使ってリスト化しました。
そして、そのリストの査定価格をネットで調べました。
そのいくつかを、実際にリアルに買取をしている店舗(有名レンタル店など)に持ち込んで、試しに査定しました。実際には売りませんでした。
さらに、いくつかをネット経由で、査定申し込みしました。
 
そうやることで、実際に売れそうな価格の見当がつきます。
意外に安いなと感じたのがリアルに買取している店舗です。
企業名は書きませんが、複数行って、どこも激安でした(笑)。


<スポンサードリンク>

DVD買取業者と接触

ネットでDVD買取業者と接触します。
今回は、「映画・ドラマのDVD」と「教材関係のDVD」に分けました。
前者「映画・ドラマのDVDを買い取る業者」では、ちょっとマイナーな「教材関係のDVD」の買取はできそうもないか、できても激安です。
 
で今回は、後者の「教材関係のDVD」に絞って記事書きます♪
 
実は...
「教材関係のDVD」を買い取ってくれるところはあっても、それを専門でやっているところはほとんどありません。
唯一見つけられたのがここです。

ここがいいところは...

実は、もうこことは2回取引をさせてもらいました。
1回目で十分満足したので、2回目に繋がったわけです。
 
ここが凄いのは正式にネット経由で買取申し込みをし、買取希望リストなどを送付すると、見積もりがきます。
 
そして、原則、その見積もり通りの金額で買い取ってくれるというのです。
もちろん、何かの不備や痛みなどがあったら減額されるのだと思います。
しかし、私の2回の取引に限っては、最初に提示された買取査定額を下回ることはありませんでした。
 
これって、実は、相当に凄いことだと思っています。
大掃除の一環として使っていない古いパソコンを2台売りました。
申し込み時には、それなりに買取査定をして金額を出していただきましたが、実際に商品を送って売る段階になると、あれこれ理由があって減額の金額にびっくり。おそらく、そういうのが普通なのだと思います。
 
そして、もう一つのいいところ。
それは応対がとても誠実だということです。
買取のためには、何回かやりとりが必要です。
そのとき、その会社の社風ってモロでちゃいます。
ああ、こんなところに売りたくない!
そういうところも、まれにあるんですね。

まとめ

今回は自宅大掃除の一環としてDVDを売ることについて、
一つの業者さんを例に記事にしました。
 
自宅から不要なものがどんどんなくなっていくのは素敵です。
それに加えて、おこづかいが少しでも手に入るのは嬉しいことです♪
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay  

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事