<スポンサードリンク>

2017衆議院選挙も明後日10/22が投開票日というところまできました。
 
サイト管理人「たもつ」家は、当日行けないということもあって、家族全員、期日前投票で済ませました。台風21号到来ということもありますので、期日前投票の活用をしよう...というお話です。
 

2014年衆議院選挙は投票率過去最低!

3年前の衆議院選挙は小選挙区52.66%と投票率は過去最低でした。2012年の59.32%から、6.66も下回ってしまったのです。
 
一方、比例も前回を6.66下回り、52.65%でした。
えい!やっ!で見ると、なんと半分ちかくが「棄権」しているわけです。そして、長期的な傾向的では、投票率は下降しています。
 
この政治無関心ともいうべき投票率の低さ(棄権の高さ)には、日本の将来が危ぶまれます。


<スポンサードリンク>

18歳、19歳有権者に希望を見いだせるか!?

2016年の参院選で、初めて、18歳、19歳の有権者が国政選挙の投票を行いました。全体で有権者は240万人ほど増えたと言われています。
そして、その投票率ですが、18歳で51%、19歳で39%という状況でした。
これは、学校教育のなかで政治を教える、政治を議論するという場の設定が少なすぎるのではないかと考えています。
どうやら、いまのところ、18歳、19歳に希望を見いだせそうもない状況です。

期日前投票(きじつぜんとうひょう)...

期日前投票(きじつえんとうひょうとも言います)は少しずつですが活用の度合いは増えているようです。しかし、この制度が、全体の投票率の底上げになっていないことが残念です。でも、期日前投票がなければ、さらに投票率は下がるということであり、やはり、とても重要な制度であることは確かです。
 
期日前投票は投開票日前日、すなわち、今回ならば10/21(土)の午後8時まで(場所により異なる場合があります)やっています。投開票日に投票に行けない方は、是非、活用していただきたい制度です。
棄権は権利行使か!?
これについては、ぐちゃぐちゃ書きません。
ぜひ、お一人お一人が、考えていただきたいことです。
 
これをお読みになった方が、お一人でも「投開票日までに確実に投票していただける」と嬉しい限りです。

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事