<スポンサードリンク>

 
某省で発覚したトップ公務員のセクハラ。
 
件の公務員某氏は一連のセクハラ報道を否定し、これを報じた週刊誌を訴訟する意思を表明しました。その会見から数時間後、テレビ朝日は自社社員が週刊誌に情報を寄せたことを明らかにし、合わせて某省とF氏を批判しました。

 

某省公務員トップのセクハラ

この報道は詳細が連日報道されていますので、ここで細かくは書きません。
 
省のなかでも君臨する力のある某省において、公務員トップの某氏(以下、便宜上、「F氏」と記載します)のセクハラ問題が某週刊誌で掲載されました。
 
F氏はこの報道を否定すると、某週刊誌は音声データを公開。これに対してもF氏は否定、某週刊誌に対して訴訟をする準備がある旨の意思を伝えました。
 
この問題については、財務省が公式に見解を出しており、それがさらに炎上のきっかけとなっています。つまり、「セクハラの相手に名乗り出してください」というような「出来ないことを見越して」の対応に批判が集まっているわけです。
 
某省のトップである大臣もこの方針を支持表明。大臣を含め、この某省はセクハラの基本的な認識があるのか否かという問題にまで発展しているわけです。

テレビ朝日の対応

某省は某週刊誌に情報を流した記者は出てこれないだろうと踏んでの対応の数々(のようです)。しかし、これに対し、某週刊誌に情報を流した記者の所属会社が会見をしました。
 
テレビ朝日です。
 
サイト管理人「たもつ」は、慰安婦問題のねつ造の件などがあり、朝日新聞&テレビ朝日は大嫌いなメディアのひとつなのですが、この件に限っては、その姿勢に拍手です。
 
テレビ朝日の会見内容を産経新聞サイト記事から引用させていただきます。
某省、F氏の名称、名前がまるまる出てますが、それはそれで...。

週刊新潮で報じられている福田淳一財務事務次官のセクハラ問題について、セクハラを受けたとされる記者の中に、当社の女性社員がいることが判明いたしました。当該社員は当社の聞き取りに対して福田氏によるセクハラ被害を申し出、当社として録音内容の吟味及び関係者からの事情聴取等を含めた調査を行った結果、セクハラ被害があったと判断しました。
 
なお先ほど、福田氏は財務事務次官を辞任する旨を発表し、その記者会見の場で週刊新潮が指摘したセクハラ行為を否定しておられますが、当社社員に対するセクハラ行為があったことは事実であると考えております。
 
女性社員は精神的に大きなショックを受けセクハラ行為について事実を曖昧にしてはならないという思いをもっています。当社は女性社員の意向も確認の上、会見を行うことにいたしました。
 
当社は福田氏による当社社員を傷つける数々の行為と、その後の対応について、財務省に対して正式に抗議する予定です。
 
この社員は、1年半ほど前から数回、取材目的で福田氏と1対1で会食をしましたが、そのたびにセクハラ発言があったことから、自らの身を守るために会話の録音を始めました。今月4日に福田氏から連絡を受け取材のために1対1で飲食の機会がありましたが、その際にも、セクハラ発言が多数あったことから、途中から録音をしました。そして、後日、上司にセクハラの事実を報じるべきではないかと相談しました。しかし、上司は、放送すると本人が特定され、いわゆる二次被害が心配されることなどを理由に「報道は難しい。」と伝えました。
 
そのためこの社員は、財務事務次官という社会的に責任の重い立場にある人物による不適切な行為が表に出なければ、今後もセクハラ被害が黙認され続けてしまうのではないかという強い思いから、週刊新潮に連絡し、取材を受けたとのことです。週刊新潮には、その後、要請を受けて録音の一部も提供しています。
 
当社といたしましては、当社社員がセクハラ被害を受けたことを正式に財務省に抗議するとともに、今後、セクハラの被害者である当社社員の人権を、徹底的に守っていく考えです。一方で、当社社員からセクハラの情報があったにもかかわらず、適切な対応ができなかったことに関しては深く反省しております。また、当社社員が取材活動で得た情報を第三者に渡したことは報道機関として不適切な行為であり、当社として遺憾に思っています。
 
なお、セクシャルハラスメントという事案の性格から、当社としては被害者保護を第一に考え、当該社員の氏名をはじめ個人の特定につながる情報は開示しない方針です。報道各社の皆様においてもご配慮いただきますようお願いいたします。
 
※産経新聞ニュース記事から引用

 
やむを得ない形であるとは言え女性記者が某週刊誌に情報を流したことは、社内規範的には問題があるのかもしれません。
 
しかし、それ以上に、「社内規範などは横に置いて」、徹底的に女性記者を守るという姿勢を鮮明に打ち出したことは、単なる一社の問題以上に、本件セクハラ事案を良い方向への解決の契機になると信じています。
 
そういう行動をタイムリーにとったテレビ朝日には、繰り返しますが拍手です。
 
さらに、それ以上に拍手したいのは...

  • 当社社員からセクハラの情報があったにもかかわらず、適切な対応ができなかったことに関しては深く反省しております。

という部分です。このあとに「社内規範のこと」を添えていますが、それについては、目をつぶります。

対応が後手後手の某省はどうする!?

某省トップ(大臣)は、F氏から辞任の申し出があったのでこれを受理する旨を発表しました。
 
世間の思いとのズレを感じていないのか、感じようとしていないのか。
 
このセクハラ問題の徹底的な解決をはかるのならば、この辞表を受け取ってはいけないと思うのはサイト管理人だけでしょうか。
 
今後の注目は、某省がこのF氏の辞表を正式に受理するかどうかです。

まとめ

F氏の辞表を受理し、F氏が辞任すればこの問題は終わり...と政権は考えているのでしょうか。
 
サイト管理人は自民党と現政権を支持している派ですが、今回の様々な問題のなかで、このF氏によるセクハラ問題とその某省の対応は、現政権を瓦解させてしまうのではと心配しています。
 
一方、大嫌いだったテレビ朝日の今回の対応には驚くとともに、何回も書いていますが拍手を送りたいです。
 
セクハラ問題はこれで解決したわけではありませんので、各マスコミは追求の手を緩めずに、徹底的にやっていただきたいところです。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事