<スポンサードリンク>

 
サイト管理人「たもつ」の知り合いが日本相撲協会評議員議長・池坊保子氏のテレビ発言を文字起こししました。その友人の許可を得て、池坊氏の矛盾発言などを逐一突っ込んで遊んでみることにします。
 
この記事の意図は、日馬富士暴行事件騒動における見えざる力を解明したいというのがあるのですが、まぁ座興です。なので、反論異論は受け付けませんのでご了承ください。
 

ツッコミ座興の前に

日馬富士暴行傷害事件の一連の騒動なかで、事件発覚の初期から、日本相撲協会は、この事件を「ガバナンスを乱す貴乃花理事こそ大問題」という切り口にすり替え、結果、貴乃花親方の理事解任に成功しました。
 
この成功を導いた立役者が危機管理委員会の高野氏であり、日本相撲協会評議員議長の池坊保子氏、そして、今騒動の渦中にある春日野理事広報部長ではないか、という意見がテレビ情報番組で散見されます。もちろん彼らの背後には八角理事長を頂点とする「一般世間なら非常識であることがらにまみれた、魑魅魍魎な各界の拭いがたい因習」があるのでは、と考えてしまいます。
 
「貴乃花理事こそ大問題」派は、お抱えレポーター&記者&元力士らも取り込んで、一致団結、足並みをそろえて見事なる言動・主張を展開しました。
 
なかでも、日本相撲協会評議員議長・池坊保子氏の貢献は、騒動の初期から素晴らしく、マスコミに頻繁に登場し、「貴乃花悪し」の持論を展開していたようなのです。
 
さて、「立行司・式守伊之助のセクハラ事件」、「十両・大砂嵐による無免許追突事故」と不祥事が重なり、駄目押しとして、1/25に「春日野部屋暴行事件」が発覚したことに対し、池坊氏がどのようなご発言をなさるのか楽しみでなりません。池坊氏へのバッシングが強いためか、池坊氏が「もうテレビには出演しない」とご決断なさったことが残念でなりません。いまこそ、池坊氏のご発言を拝聴したいのに...。
 
さて、池坊氏は「来たる理事選で貴乃花親方が当選しても、認めない」ことを匂わせています。一方、これだけの不祥事を重ねた八角理事長、そして、大問題の渦中にある春日野理事の「理事就任」は認めるのでしょうか。
 
ホント、池坊氏の率直なご意見を拝聴したいです。

池坊保子氏のご発言(文字起こし)とツッコミ座興

以下は、2017年11月29日放送『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列)にてのやりとりです。一部の抜粋です。
 
日馬富士暴行事件で日馬富士が引責引退するかもしれないという状況のなかで、日本相撲協会評議員議長・池坊保子氏がゲストとして登場し、自説を展開します。
 
なお、「リスト状で赤太文字のところ」がつっこみ部分です。
 
=== 以下、文字起こしです ===
 
(池坊)
私は(日馬富士が引責引退するかもしれないということについては)とっても残念に思います。
 
日馬富士さんはお父さんがいない、貴ノ岩さんもいない。だから(日馬富士は貴ノ岩を)弟のようにかわいがっていたんですね。で、(貴ノ岩が)勝つと自分の時計を(貴ノ岩に)あげたりして、(そういういことを)彼もしていたりした。それからもっと(貴ノ岩が)上にあがるためには態度もかえなければいけないよと言って、(日馬富士が貴ノ岩に)注意をした。注意をしたのがエスカレートしまったわけでね。でも、叩いたことは事実だと。その責任を横綱としては取らなければいけない。
 

  • 「注意をしたのがエスカレートした」という発言は、「理由があれば暴力は容認される」という考えに通じるのではないでしょうか。
     
    池坊氏は力士たち協会員を前にした講和の中で、日馬富士暴行傷害事件について「ちょっとしたことで」と表現しています。
     
    つまり、「注意をしたのがエスカレートした」という発言は、そもそも、被害者・貴ノ岩の頭がパックリと割れたことなど大したことない、ちょっとしたことで指導なんだからと信念を持って発言してると思わざるを得ません...という解釈も成り立つのではないでしょうか。

 
(池坊)
それから(日馬富士は)自分は本当に相撲を愛している。モンゴルから一人出てきて、一心に相撲をやってきた。だけど、こうしてあることないことではなくて、ないことないことがたくさん書かれて、協会、そして、相撲への信頼を失わせるというところにも、これ以上、身を置いてはいけない。迷惑をかけてはいけない。その一途な思いなんです。
 
彼も、みんな力士たちは信念を持っています。信念というのは言葉でいうことではなくて、態度で示すことです。みんなこうやってね、一生懸命真摯に生きているんです。だからそういう点で、私は、確かに(日馬富士は)悪いですけどね、その内容がわからないじゃありませんか。内容で情状されることがなかったのかなという気持ちがね、(情状が)されてほしいなという、私は気持ちがありました。
 
でも彼は潔くそれ(横綱に留まること)をしない、叩いたことは事実ですから、この一点でしたこと(です)。これだけはみなさまにね、わかっていただきたい。それは毎日毎日、こう(テレビ報道で)出てたらね、普通の気持ちではいられません。人間は。
 

  • この徹底した日馬富士擁護発言の背景を妙に邪推してしまいます。公平な立場であるべき人が、ここまで加害者寄りの発言に終始するのは、必ず利害が絡む背景があるのだろうと。
     
    もし、そう言う背景が一切なく、単なる情に基づく発言だとしたら、池坊氏に「組織ガバナンス」を口にする資格があるのかと心配してしまいます。

 
(池坊)
だから、やはりここまで追い込んでしまった、もっとね、貴ノ岩さんや貴乃花さんが率直に真実をいただけたら、ここまでにはなかったのになと、私は非常に残念だと思います。
 

  • 出ました、得意の「無理がありすぎる唐突な自説展開」(^_^;;
     
    この池坊氏の理屈は、極論に解釈すると「組織にとってチクったヤツこそ悪者だ」ということです。極論ですからね、極論...。

 
(玉川:レギュラーコメンテーター)
日馬富士は引退をする必要がなかったということですか?
 

  • テレ朝のプロデューサーで同番組のレギュラーコメンテーターの玉川さん、タイムリーに反撃です♪

 
(池坊)
いや、もうちょっと様子を見てから、どういう状況かというのをね、いろんな人の話を聞いて、それの上から(日馬富士の引退を)決めて良かったのかなという気持ちはしますが、これは日馬富士さんが決めたことですから、横綱の進退はご自分でお決めになることですから、これはこれでいたしかたなかったなと。
 
私としてはね、もうちょっと、これは私個人(の意見)ですけど、気持ちとして、そういう方々がたくさんいらっしゃるのではないかなというふうには思いますけど。
 


<スポンサードリンク>
  • 池坊氏、玉川コメンテーターからのいきなりの反撃に、もうしどろもどろ状態です...。動揺が隠せません。案外、池坊氏は、自分の気持ちを糊塗できないだけで素直な方なのかもしれません。

 
========
ここで、初場所番付編成会議において、伊勢ヶ濵親方が日馬富士の引退届を提出したことが、ニュース速報として読み上げられます。
========
 
(羽鳥:メインMC)
さあ、池坊さん、正式にこういうこと(日馬富士引責引退)になりました。
 
(池坊)
さきほども申し上げたように、私は残念です。
 
事実がもうちょっと、わかってから、本当は何なのか、きちっとやっぱり、こうなった以上は、一人の横綱がこう、(日馬富士がやったことは)いけませんよ、叩いたことは事実ですけどね、私は(状況がわかってからの判断にすべきだったと)そう思いますし、そんなふうになる前に貴乃花親方がきっちりとお話になったら、ここまでいかなかったと思います。
 

  • さきほどの動揺から立ち直った池坊氏、またしても、「貴乃花悪し」の持論を展開します。

 
(玉川)
貴乃花親方がしゃべっていたら(日馬富士は)引退に至らなかったということですか?
 
(池坊)
いや、それはわかりません。彼は引退したかもわかりませんが、すべての人間が、少なくとも協会に、協会の一員である以上は、協力すべきであったのではないですか。
 
というふうに思いますが、まぁ、日馬富士さんは引退されたんですから、これが事実なんですから、そして、事実として受けとめます。
 

  • 玉川さんの連続攻撃(笑)に、またしても動揺をきたす池坊氏。

 
(女性:出演者)
(日馬富士さんは)引退勧告を受ける前に引退するという決断だったのでは?
 
(玉川)
一般社会人としては、傷害事件を起こした社員が、懲戒免職になる前に依願退職をしたという、(今回の日馬富士引退は)そういうことだと思います。
 

  • 玉川さんのナイスな解説ですが、池坊氏には理解できないのではないでしょうか。

 
_/_/
 
話変わって…白鵬が「貴乃花親方のもとでは巡業に行くたくない」と発言したことについて議論が展開されます。
 
(玉川)
貴乃花親方のもとではできないとはどういうことなんでしょうね。それは何なんですか、それは裏に何があるんですか?
 
(解説者、大隅氏)
貴乃花親方にもペナルティを与えろということです。
 
(羽鳥)
それは親方ではなくて、力士もそう思っているということですか。
 
(玉川)
わざわざ挙手して、(八角理事長の)講話の場なんですよね、力士たちが「あなたたちはこうしなさいよ」と言われる講話の場であえて言う背景は?
 
(池坊)
私、背景なんてないと思うんですね。ただ、私が一人の力士だったら、協会に協力しないような人のもとで、私はやりたくないですという、こういう素朴な気持ちだと思うんですよね。
 

  • 池坊氏、またしてもわけのわからない持論を展開します...

 
(羽鳥)
いっぱい力士がいるのですから、そういう考え方の人もいるわけですね。
 
(池坊)
そう、やりたくないという自分の気持ちでね、いいえそれはだめですよねと、それは協会でそう決められているんですよといったら、ああ、そうですかと言うと思いますよ。背景なんか全然ないんですよ、自分の気持ちですよ。
 
=== 以上、文字起こしです ===
 

公平な立場にある方にふさわしい発言か...

きっと、立場によって、池坊氏の発言を良く取る方も居れば、批判的にばかり取る方もいるのだと思います。サイト管理人「たもつ」はどちらかというと後者です。そういう意味では、「たもつ」も偏向しているのかもしれません。と、とりあえず反省の弁を述べてみました(笑)。
 
話を戻して...。
前述の池坊氏の一連の発言を見る限り、どうしても、意見が一方に偏っているということは見てとれてしまうのは「たもつ」だけでしょうか。
 
日本相撲協会評議員議長という、本来公平である立場からすると、あまりに日本相撲協会の八角理事長よりな発言に偏りすぎていると、思うのです。

まとめ

日馬富士暴行事件は、日馬富士自身が罰金50万円となり、貴乃花親方は理事を解任させるに至り、また、被害者の貴ノ岩には来場所十両の最下位に留め置くという救済措置をしたことで、日本相撲協会としては「すべてが収まった」ということなのでしょう。
 
しかし、続々と明るみに出る不祥事に、日馬富士暴行事件の底流にある問題は何も解決されていないということを露呈してしまっているのです。
 
「何も問題が解決されていない」という一つの原因としては、公平公正に角界を導く立場の方々の偏向言動、そういうものを許してしまう、させてしまう角界の土壌にこそあるのだ...そういうことをこの記事を書きながら考えた次第です。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay  

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事