<スポンサードリンク>

 

 
2017年11月場所、14勝1敗で40回目の幕内優勝を決めた横綱・白鵬。場所後は、「日馬富士暴行事件」の関わりなどから「ヒールイメージ」が強くなっていました。
 
明けて、1月場所。場所前は「いろいろあったが今場所も白鵬が優勝か」と世間は思っていたようです。しかし...
 
両足指を怪我して、5日目から休場してしまいました。やはり、いよいよ「引退の日」が近づいているのかもしれません。そこで、今回は、引退後の白鵬について考えてみました。
 

オリンピックまでのんびり現役続ける!?

明らかに横綱・白鵬は全盛期を終えていますが、それでも2017年は全勝を含み3回の幕内優勝を果たしています。まだまだ、「強い」ことは確かなのです。
 
白鵬自身は「2020年オリンピックまで現役をやっていたい」と言っているそうです。そのためには、「年6場所中、2場所くらいを休場して、残り4場所中1回優勝する」みたいなことが白鵬にとってベストなのかもしれません。なので2017年のように「2場所休場(うち1場所は全休)をして、3回の幕内優勝」は最高にやりくりできた年だったのでしょう。
 
以上のような考えから、「初場所5日目の休場」は長い目で見ると想定内で、白鵬にとっては「予定通り休めてラッキー!」なのかもしれません。かなり勝手な解釈ではありますが...。

引退後の白鵬は...

そうは言っても、「白鵬引退」のそのときは確実に近づいています。そこで、勝手に「引退後の白鵬」を考えてみることにしました。
 
「引退後の白鵬」は次のようなケースが想定されます。

  1. 協会を退職しモンゴルに戻り、モンゴルの大統領を目指す
  2. 協会に部屋の師匠として残り、行く末は理事長を目指す

 
これ以外にも「協会をやめてプロレスに転向する」なんて考えてみましたが、あまりに、可能性なさそうなのでやめました(爆)。

ケース1:モンゴル大統領を目指す

白鵬はもちろんモンゴルでは超有名人ですが、それと同じかそれ以上に白鵬の父もモンゴル相撲の英雄として有名です。父とそして本人の知名度を持ってすれば、モンゴルの大統領を狙うことも不可能ではありません。
 
そして、上昇志向の強い白鵬ですから、国のトップを目指すことは白鵬のモチベーションを最高に燃やし続けるのではないでしょうか。
 
ここでのネックは、妻、そして、子供たちかもしれません。とくに、子供たちをどこで学ばせるか。
 
さて、子供どもたちのことはとりあえず横に置いて、モンゴルの大統領について調べてみました。

モンゴルの大統領の制度について

モンゴルの大統領は憲法で「国民の統合の象徴」と規定されており、行政権はないそうです。
大統領権限は大きく次の5つです。

  1. 首相の指名(決定は国民大会議であり指名自体は象徴的権限)
  2. 国民大会議可決法案の拒否権(3分の2の先生で覆すことが可能)
  3. 裁判官任命の承認
  4. 国家案園保障会議議長
  5. モンゴル国軍司令官

実質的な権限として大きいのは4番目、5番目でしょうか。やっぱり象徴的な存在ということなのかもしれません。
 
そして、大統領になるための要件は憲法において次の3つとされています。

  1. モンゴル国生まれ
  2. 年齢45歳以上
  3. 就任前に5年以上モンゴルに居住

 
この条件の2番目、3番目、そして、白鵬の32歳という年齢を考慮すると...「ケース1:モンゴル大統領を目指す」は将来的な選択肢であっても、「今ではない」のかもしれません。この条件に、子供の教育のことを考慮すると、「白鵬が横綱引退後、すぐにモンゴル国の大統領を目指す」ケースは、ほぼほぼ「ない」と考えざるを得ません。


<スポンサードリンク>

ケース2:部屋を持ち、近い将来の理事長を目指す

ケース1がほぼほぼ「ない」ということから、白鵬の引退後の可能性として残るのがケース2です。

白鵬の内弟子たち

宮城野部屋に所属する白鵬は、数人の内弟子がいると言われていますが「白鵬 内弟子」で検索してもしっかり出てきません。いろいろ調べて、ようやく判ったのが次の5人です。勝敗は2018年初場所7日目を終わっての戦績です。なお、下記は初土俵順です。
 
【白鵬の内弟子たち】

  1. 山口・東十両12、2勝5敗(28歳)
  2. 石浦・東前頭15、4勝3敗(28歳)
  3. 黒熊(くろかげ)・東幕下12、2勝1敗(29歳)
  4. 原田貴秀、最高位・三段目51、引退済み
  5. 炎鵬(えんほう)・東幕下6、1勝2敗(23歳)

 
それぞれ上から白鵬の1番弟子、2番弟子...そして、炎鵬が5番弟子ということになります。
なお、もう1人、「大関の白鵬がスカウトして、高校を中退して宮城野部屋入りし、2007年3月に初土俵を踏んだ東幕下12・宝香鵬(ほうかほう28歳)」がいますが、宝香鵬が白鵬の内弟子なのかどうかは定かではありません。一応、白鵬の内弟子からは除くことにします。
 
この調査にあたっては、次のサイトを調べました。

 
それからこの5人について、少しだけコメントします。
山口、石浦、黒熊は鳥取城北高校出身です。鳥取城北高校と言えば、あの日馬富士による貴ノ岩暴行事件が起こった酒宴を高校関係者が主催したアレです。なるほど、白鵬は鳥取城北高校と縁が深いわけですね。
 
山口はもともと他の部屋に入門する予定だったのを白鵬が口説き落としたといいます。山口は鳥取城北高校卒業後、日大に進学し、4年時には国体横綱になっています。
 
山口から1年遅れて宮城野部屋入りした石浦は、鳥取城北高校相撲部監督の息子で、白鵬がじきじきに「息子さんを絶対に幕内力士にします」と口説き落としたと伝えられています。
 
炎鵬は、169cmと小兵の力士ですが、金沢學院大学相撲部で大活躍。2017年3月に初土俵のあと、序の口、二段目、三段目でそれぞれ優勝を果たし、5場所目となる初場所では東幕下6と、はやくも十両に手が届くところまで来ています♪

白鵬部屋開設は万全!?

白鵬の現役内弟子が4人もいて、「白鵬部屋開設」は万全の準備が整っているかというと、そうではありません。
 
部屋の親方(師匠)になるには、年寄株が必要で、年寄株取得の前提が「日本人であること」なのです。そして、日本相撲協会は現状では「日本国籍以外の者を親方にはしない」と言明していますので、白鵬には2つの選択肢しかないのです。

  1. 帰化して、日本国籍を取得する
  2. モンゴル籍のままの親方を実現すべく運動する

 
また、白鵬自身は現役四股名通りの「白鵬部屋」を実現したいようですが、これは角界に対しての貢献度が高いと協会が認めた横綱にしか与えられないもので、直近では「大鵬、北の湖、貴乃花」のみに「一代年寄」が与えられています。白鵬にとっての実現にはかなり大きな壁があり、それも国籍が問題なのです。
 
戦績だけで言えば、幕内優勝回数40回で、大鵬・北の湖・貴乃花を大きく上回っており、「一代年寄」の資格は十分なのかもしれません。でも、柔軟性に欠ける協会の判断が、白鵬の運動(陳情活動)によって覆るとも思えません。
 
そのような事情があり、白鵬が親方として協会に残るためには「帰化して日本国籍を取得し、年寄株を取得する」しかないようです。
 
白鵬は帰化の方向を決断しているとの情報もあります。なので、そんなに遠くない将来、白鵬の部屋(白鵬部屋ではなく!)が実現するものと考えています。

親方・白鵬の理事&理事長は実現するか!?

白鵬が帰化して無事に親方になったとして、その次を白鵬は見据えているようです。
最近は周りに「早く理事長になりたい」と漏らしているんだとか。
理事長になりたいということは、親方になって早々に理事になることは前提という意味でしょうか。
現在、100人強居る親方のうち、10分の1にあたる10票を親方・白鵬が取れるかどうかは、微妙ではないでしょうか。
 
現在、白鵬が所属する宮城野部屋は、あの日馬富士暴行事件を起こした伊勢ヶ濵一門です。一門のなかではそれほど大きいところではありません。なので、白鵬が理事になるには、一門以外からの協力が必要だということになります。モンゴル出身の親方と言えば、元・旭天鵬の友綱親方しかいません。どうやって、白鵬が他の一門からの協力を取り付けるのか...。
 
理事になるだけでも、それだけの壁があるのですから、まして、理事の互選となる理事長は、白鵬自身の思い通りにはいかないのではないかと思います。
 
いずれにしても、白鵬が理事になるための暗躍は、すでにはじまっているのでしょう。貴乃花部屋付きの親方の引退が先日発表されましたが、あれについても、白鵬は動きがあったそうです。それもこれも、将来の味方づくりだったのでしょうか。貴乃花部屋付き親方については、白鵬の動きもむなしく、引退にに追い込まれてしまいましたが...。

まとめ

勝手気ままに、「白鵬引退後」を夢想してみました。
白鵬は帰化して日本国籍と年寄株を取得し、引退とともに内弟子を率いて部屋持ちの親方になるでしょう。部屋の名前は白鵬の思い通りの「白鵬部屋」にはならないと思います。
 
また、はやく理事長になりたいという白鵬ですが、まずは理事を目指すために、いかに協力者を増やすかにかかっています。伊勢ヶ浜一門だけでは数的に十分でなく、他の一門の協力取り付けが必要だからです。
 
理事長になれるかどうかは、理事になってから新たに考えるべき課題ですね。
 
※冒頭とアイキャッチ画像の出典:pixabay  

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事