<スポンサードリンク>

 
春場所が終わった3月26日(月)、日本相撲協会の理事会が開催され、互選により八角理事長が3選されました。全員一致で決まったとのことです。この一糸乱れぬ判断を含め、今後2年間「暴力一掃が実現できないこと」がほぼ確定となりました...というような意見があるようです。
 
今回はそういう記事です。

 

そもそも公益財団法人日本相撲協会とは

八角理事長を筆頭とする日本相撲協会の2年間を予想するにあたって、まずは、「公益財団法人日本相撲協会」というものについて、頭にしっかり入れておく必要があります。
 

大相撲興行の幕内最高優勝者に対して「摂政宮賜杯」(現在の天皇賜杯)を授与するために1925年に財団法人として設立され、2014年に公益財団法人に移行した相撲興行団体である。公益法人としての法人格の取得及び維持のため、相撲競技の指導・普及、相撲に関する伝統文化の普及を定款上の目的としている。
 
日本相撲協会は、公益法人でありながら、営利的かつ職業的な相撲興行を全国規模で開催している唯一の法人である。

 
つまり...「唯一」ということで、日本相撲協会は、ものすごく特殊な財団なわけです。で、この日本相撲協会がひっぱる角界の暴力が絶えない、耐えない。そして、隠しまくる体質がありあり。しかも、そういう現状になすすべもなく。
 
これらの過去と現状を鑑み、「日本相撲協会をそういう希少な団体に認定しておく意義、価値がどこにあるのか」がいま問われているのです。
 
3選を果たした八角理事長体制は、その答えを2年間のなかで早々に国民に示す義務を負ったと言えるでしょう。そもそも八角理事長体制にその任が負えるかどうかが問われているのです。

世間の意見、twitterから...

twitterで「八角理事長3選」についての意見を拾ってみましょう。
「八角理事長 3選」で検索して、選ぶことなく上から順番に10ツイートを掲げてみます。
 


<スポンサードリンク>


 
この少ない情報からでも、八角理事長3選の新体制がいかに「世間ズレしているか」がわかります。

八角理事長の発言から...

以下、Q&A形式で、八角理事長の発言を列挙してみます。

新体制の抱負は?
理事の結束を固め、外部理事、感じの指導を真摯に受け、暴力問題に取り組む必要がある。
相次ぐ不祥事で、責任問題が問われているなかでの続投については?
本当に申し訳なく思っている。問題を一つ一つ解決していくのが私の役目。
理事長としての目標は?
100年先に大相撲を残したい。ちょんまげ文化、着物文化、素オム文化、国技館に入れば江戸時代という文化を残す。よい文化を残しながら改革も続けていく。
親方たちに期待することは?
親方たちの助けを借りて立派な力士をたくさん育てることが日本相撲協会の役目。力士になりたい子どもが増え、力士になって強くなった以上は親方になりたいというようにしていきたい。
任期中に取り組みたいことは?
土俵の充実が一番。大相撲R8息しを身近に感じられる環境を今後もやっていきたい。
感染環境の改善について考えは?
枡席では座るのがつらいという声をよく聴く。すぐにはできないと思うが、枡席をイス石器にしたり、いろんな角度から見ていきたい。
相次ぐ暴力事件について?
何回研修会をやってもわかってくれなかったという残念な思いがある。個人が自覚しないといけない。粘り強く指導していくしかない。

 
とくに、最後のQ&Aに記した発言は重大です。

  • 何回研修会をやってもわかってくれなかったという残念な思いがある。個人が自覚しないといけない。粘り強く指導していくしかない。

 
これって、「言ったのにやってくれない、もうお手上げです」ということです。これはつまりは「私には暴力一掃はできません」ということと同じです。仕組みで現状を根本から変えていくという発想は皆無です。みんなに「頑張って暴力一掃しましょう」と百万遍言えば、事態が変わると思っているのでしょうか。
 
そもそも、理事長が描く大相撲界の未来が本当に「あるべき姿なのか」という検討も必要なのではないでしょうか。つまり、掲げた目標が陳腐過ぎ、この程度の目標で本当に協会員一致の100年先に目指すものになり得るのでしょうか。
 
そういう人を理事たちは互選で理事長に祭り上げたということです。
 
ここ半年くらい暴力事案にさらされている日本相撲協会に、「暴力一掃の兆し」が微塵もないのは、八角理事長を筆頭とする日本相撲協会に「その気がない」か、「その気があっても能力がない」かのいずれかなのかもしれません。
 
そもそも角界が構造改革の時期に来ているという認識はないのでしょうか。現状の体制・やり方の延長に大相撲界で何ができるのか、この先に明るい未来はあるのでしょうか。

まとめ

3選を果たした八角理事長はどこを見ているのか。八角理事長が主張する100年先の未来で求心が図られ、暴力も一掃されるのか。隠蔽の体質は変わるのか...。
 
2年後、今、山と積まれている宿題・課題のいかほどが解決されているのか。
 
そもそも「ひとつひとつ解決」という姿勢でいいのか。
 
さまざまなことを問われている八角理事長体制。とりあえず、発進しました...。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay  

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事