<スポンサードリンク>

白鵬は「貴乃花親方が巡業に行くなら、巡業には行かない」というトンデモ発言を、理事長に突きつけました。そして、日馬富士暴行事件の発端であり、真の犯人が白鵬であることも明らかになってきました。
 
これまで、白鵬がマスコミ等でバッシングを受けてきたときも、サイト管理人「たもつ」は一貫して、白鵬擁護をしてきましたが、今回の「日馬富士暴行事件」を機に、白鵬ファンをやめます。
 

白鵬が親方になったら角界は瓦解

40回の幕内優勝は、それはそれで素晴らしく、本当なら称賛に値するのかもしれません。しかし、プロレスまがいの取り口で優勝回数を重ねても、意味はないのです。切れ味するどい立ち会いのエルボーや、土俵を割ったあと対戦相手を土俵下に突き落とす行為など、それらの暴挙を野放しにしている日本相撲協会にも呆れます。
 
白鵬の立ち合いでのエルボーなどは、暴力容認体質を土俵上で顕しています。つまり、白鵬が親方になったら、角界の暴力体質は、それこそ一掃するどころか、色濃く定着してしまうでしょう。
 
未来の角界は瓦解します。


<スポンサードリンク>

暴力事件発覚後の白鵬の言動は大問題

白鵬は、暴力事件発覚するとすぐに、結果的に自己弁護となる発言を繰り返しました。そして、関脇・嘉風戦での見苦しい態度。千秋楽での万歳三唱。理事長講話時の「貴乃花親方巡業では行かない」発言。危機管理委員会や警察の聴取にも、きっと嘘で塗り固めた自己弁護に徹したのでしょう。
 
日本相撲協会理事会が下した「減俸処分」は、少なからず、白鵬の言動を問題視した結果です。ただし、処分としては、とても甘すぎるものと言わざるをえません。なぜなら、白鵬の言動が日馬富士を引退に追い込んだのですから。日馬富士が「引退勧告相当」ならば、白鵬は日馬富士以上に「解雇」が相当です。

40回の幕内優勝に八百長はなかったのか?

白鵬の思考ロジック、言動から推察して、「40回の幕内優勝には本当に八百長がなかったのか」というところまで思いが及んでしまいます。つまり、モンゴル力士同士の暗黙の星の貸し借りです。
 
これについては、そういうことを推測する情報もネットで散見されています。真偽の程はわかりませんが、そういう可能性を指摘されていることだけでも、残念なことです。

まとめ

2017年12月21日、この記事を書き終えると同時に、白鵬ファンの旗を降ろします。白鵬はモンゴル籍のまま親方にすべきだということをずっと主張してきましたが、それも撤回します。
 
今回の一連の事件の原因及び、白鵬の言動を考慮すると、白鵬は「解雇」相当です。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事