<スポンサードリンク>

 
10連勝で優勝争い独走していた横綱・鶴竜が11日目でまさかの黒星。そして、連日のまさかで、12日目になんと2敗目。一方、1敗を堅持した前頭3・栃ノ心がなんと優勝争いを一歩リードする展開に!
 

初場所、優勝争いの行方(12日目終了時点)

11日目、12日目とまさかの展開、正直いうと、ワクワクする展開が続いています。で、現状の優勝争いは次の3関取です。
 
【12日目が終わっての優勝争い】

  • 11勝1敗、前頭3・栃ノ心
  • 10勝2敗、横綱・鶴竜
  • 9勝3敗、大関・高安

 
11日目が終わった段階では、鶴竜と栃ノ心の2人だけが優勝争いをしていると書きましたが、12日目に鶴竜が2敗となったことで、断然混戦です。というのも、初優勝を狙う栃ノ心は、独走することでかえってプレッシャーとなり、それが負けを呼び込む可能性が出てきたからです。
 
一方、鶴竜も10連勝までの万全な相撲は、すっかり姿を消し、けっしてやってはならない「引き技」を連発しての連敗。まだ負けそうな気配が...。
 
そうすると、現在3敗の大関・高安にも優勝チャンスが、僅かながら「ある」というわけです。

鶴竜、栃ノ心、高安、残り3番予想

以下、行末に(確定)とあるのは、確定した取組であり、それ以外はあくまでも予想です。
 
【前頭3・栃ノ心】

  • 13日目、前頭1・逸ノ城(確定)
  • 14日目、前頭3・千代大龍
  • 千秋楽、前頭1・北勝富士

 
【横綱・鶴竜】


<スポンサードリンク>
  • 13日目、関脇・御嶽海(確定)
  • 14日目、大関・高安
  • 千秋楽、大関・豪栄道
  •  
    【大関・高安】

  • 13日目、前頭4・荒鷲(確定)
  • 14日目、横綱・鶴竜
  • 千秋楽、関脇・御嶽海
  •  
    前述の対戦から勝敗を推測すると...
     
    栃ノ心は、逸ノ城戦が五分、千代大龍と北勝富士には圧勝と予想します。
    なので、栃ノ心は14勝1敗、もしくは13勝2敗です。
     
    鶴竜は、高安戦が五分、御嶽海と豪栄道には確実に勝つと予想します。
    なので、鶴竜は13勝2敗、もしくは12勝3敗です。
     
    高安は、鶴竜戦が五分、荒鷲と御嶽海には勝つと予想します。
    なので、高安は12勝3敗、もしくは11勝4敗です。
     
    以上から、高安が優勝する可能性は頗る低いと思います。
    ただし、13日目に優勝がちらつき堅くなった栃ノ心が逸ノ城に負け、さらに13日目、鶴竜が3連敗すると、高安にチャンス到来です。でも...可能性はやっぱり低いです。
     
    以上のことから、高安の優勝はちょっと横に置いて、栃ノ心と鶴竜に集中して考えます。
     

    • (ケース1)栃ノ心が1敗を堅持すれば、もちろん栃ノ心が初優勝です。
    • (ケース2)一方、栃ノ心と鶴竜が13勝2敗の相星で優勝決定戦になるためには、13日目に栃ノ心が逸ノ城に負けて2敗となり、鶴竜は残り3番に3連勝することです。

     
    ケース1とケース2の確率は同じくらいだと予想しています。普通に考えれば、星の差「1つ」の栃ノ心が有利ですが、優勝未体験が今後の3番にどのように作用するのか。一方、鶴竜も引き技での連敗がどう心理的に作用しているか。
     
    いずれにしても、栃ノ心と鶴竜にとって、13日目がポイントになると踏んでいます。そして、万一、優勝決定戦になった場合、過去の対戦結果と優勝経験からすると、断然、鶴竜が有利です。鶴竜が自らの「引き技」を封じれば、鶴竜の4回目の優勝になるとみています。

    「アンダー25」、12日目までの戦績

    以下、「アンダー25」9関取、12日までの戦績です。
     

    1. 7勝5敗、関脇・御嶽海(25歳)
    2. 4勝8敗、小結・貴景勝(21歳)
    3. 4勝6敗2休、小結・阿武咲(21歳)(休場)
    4. 3勝9敗、前頭1・北勝富士(25歳)
    5. 8勝4敗、前頭1・逸ノ城(24歳)
    6. 8勝4敗、前頭14・阿炎(23歳)
    7. 7勝5敗、前頭14・豊山(24歳)
    8. 7勝5敗、前頭16・朝乃山(23歳)
    9. 6勝6敗、前頭17・大奄美(25歳)

     
    今場所の「アンダー25」は全体的には残念な状況ですが、そんななかでも、逸ノ城と阿炎が勝ち越したことが嬉しいですね。残り3番で是非2桁を狙ってもらいたいです♪
    とくに、逸ノ城は来場所の三役復帰が確定で、勝ち星数によっては関脇に返り咲く可能性も大なので、残り3番を是非全勝してもらいたです。

    まとめ

    今朝、春日野部屋の騒動で、また、角界の嫌な部分を目にする耳にすることになってしまいました。角界の闇は深い...と思います。
     
    そんな春日野部屋ですが、栃煌山は休場してしまうし...。
    栃ノ心の快進撃が唯一の希望みたいで...そんな春日野部屋が残念です。
     
    ※アイキャッチ画像の出典:pixabay  

    <スポンサードリンク>
    やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

    3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
     
    何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
    なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
     
    し・か・も...
    今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
     
    まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
     
     


    おすすめの記事