<スポンサードリンク>

 
またしても、発覚理事長、もとい八角理事長体制で大不祥事発生です。
 
もしかしたらこれをマスコミはスルーするかもしれませんが、角界の体質が色濃く残った事案であり、いち相撲ファンとしても看破できるものではありません。

 

不祥事次第

4月1日から始まった大相撲春巡業。その舞鶴興行(4日)で不祥事が起きました。
 
土俵上で挨拶に立った、舞鶴市長が倒れたのです。その緊急性を感じ取った女性が土俵にあがり、ただ見守るしかない恐らく協会員の人たちができないことをはじめます。心臓マッサージです。
 
そして、もう一人、その助手的にできるであろうと思ったと推測される女性が土俵にあがります。すると...
 
館内にアナウンスが。
 
「女性は土俵から降りてください」
「女性は土俵から降りてください」
 
もちろん、心臓マッサージをしている女性は、そんなバカなアナウンスに少しも動じることなくマッサージを続けます。
 
するとさらに2人の女性が土俵にあがります。看護師さんでしょうか。推測ですが。
 
そして再び、アナウンス。
「女性は土俵から降りてください」
 
ほどなくして、今度は男性で救助できる方が到着したのでしょうか。件の女性と心臓マッサージを交替し、女性たちは土俵の外に出ます。というより、土俵の外に出されてしまいます。

この模様の動画を2つ

角度が違うところからこの一部始終を見ていた方が動画アップしています。2つご紹介しますね。
 
まずは、ヒロトモコさんの動画です。


 
次に、とろんぼーんさんの動画です。

 
大相撲では土俵は神聖な場所なので女性はあがってはいけない...とされています。う〜ん、女性は「汚くやっかいな存在」だというのでしょうか。
 
その伝統はさておき、この動画で見る限り、心臓マッサージをしている女性は、「すぐに土俵を降りろ」というようなことをしでかしているのでしょうか。

八角理事長の謝罪

八角理事長はこの騒動〜サイト管理人「たもつ」はこれは不祥事だと考えます〜について、のちほど謝罪コメントを出しました。
 

本日、京都府舞鶴市で行われた巡業中、多々見良三・舞鶴市長が倒れられました。市長のご無事を心よりお祈り申し上げます。
 
とっさの応急措置をしてくださった女性の方々に深く感謝申し上げます。
 
応急措置のさなか、場内アナウンスを担当していた行司が『女性は土俵から降りてください』と複数回アナウンスを行いました。行司が動転して呼びかけたものでしたが、人命にかかわる状況には不適切な対応でした。深くお詫(わ)び申し上げます。
※ヤフーニュースから引用

 
この謝罪コメントにこそ、角界の体質が如実に表れていると感じるのはサイト管理人だけでしょうか...。

対症療法ではなく根治で問題に当たれ!

今回の事案ですが、明らかに緊急性を要するために土俵にあがった女性に対し、それの妨害とも摂れる命令、メッセージを流したのです。
 
目の前の緊急性を判断し、何を優先すべきか...そういう判断がアナウンスをした行司にも、また、この場に居合わせた力士あがりの協会員たちにも、全く理解できず、そして、適正な行動が取れなかったのです。
 
どうして、土俵にあがった男達は緊急の対処として心臓マッサージもできなかったのでしょう。そういう必要性を全く感じる、日頃からそういう訓練をしていなかったということが露呈されました。
 
で、そういうおバカな男たちフォローする意味で、女性が土俵にあがり心臓マッサージをはじめたものの「女性は土俵から降りてください」と連呼するのです。
 
さらにそういう不祥事に対して、八角理事長は慌ててしまった行司のとっさの判断という形で「逃げ」ているのです。この「逃げ」は対症療法です。
 
なぜ、このような深刻な事態が起きてしまったのか。その根本原因を探って、元から直そうという気構えなど1mmも1mgも「ない」のです。実に情けないトップであるといえましょう。

今回の不祥事で...

日本相撲協会と協会員たちは、自分たちを売った貴乃花親方を最低ランクの平の親方まで降格させて溜飲をさげました。
 
でも、ここ数ヶ月の一連の騒動の真因は貴乃花親方ではないのです。それが証拠に、春巡業を貴乃花親方が休んでいる4日に、この不祥事が起きたのですから。
 
今回の件は、起こるべきして起こった不祥事であると考えるべきでしょう。だとすると...

本来的な考え方

起こったことは、平に陳謝するしかありません。そして、大切なことはその跡です。
 
なぜ、こういう事態が起きてしまったのか。何が根本原因で、今後再発させないためには何をどうすべきか。そのための構造変化を必要とすべきところはどこか。
 
このようなことを理路整然と分析し、そして、改善行動を計画し決めたら、果敢に実行するだけです。
 
しかし、ここ数ヶ月の八角理事上体制では、そのことは全くできないことを証明してしまいました。
 
それでも...
 
この不祥事をきっかけに真の改革に着手できるかどうか。研修会ごときで変わるような、帰られるような体質ではないと自覚すべきです。

まとめ

3期目を船出した八角理事長体制ですが、ご自分の能力不足にいつになったら気づき、そして、本腰で改革に着手するのでしょうか。
 
手に余るのなら手に余るとそう申し出てもらいたいものです。100年後の大相撲界を描くならば、今、理事や協会員たちがやるべきことは、限られていると思うのです。それをやるかやらないか。
 
さて、角界はどういう選択をするのでしょう...。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事