<スポンサードリンク>

サイト管理人たもつが期待する大相撲「アンダー24」。
秋場所初日の「アンダー24」7力士の結果について。
悲喜こもごもですが、まだ初日ですから...。

「アンダー24」とは...

サイト管理人たもつが勝手に命名しました(^_^;)

秋場所の幕内力士のなかから活躍するだろうという24歳以下の関取をピックアップしています。

たまたま24歳以下全員になっちゃいましたが...。

 

秋場所は初日から3横綱休場となり、がっかり感漂うのですが、だからこそ若手に活躍してもらいたい。

そんなことから注目しました。

 

「アンダー24」は次の7関取たちです。

  1. 東関脇・御嶽海(みたけうみ)24歳
  2. 東前頭3・阿武咲(おうのしょう)21歳
  3. 西前頭5・貴景勝(たかけいしょう)21歳
  4. 西前頭6・輝(かがやき)23歳
  5. 東前頭11・大栄翔(だいえいしょう)23歳
  6. 西前頭15・豊山(ゆたかやま)23歳
  7. 東前頭16・朝乃山(あさのやま)23歳

 

サイト管理人が一番期待しているのは関脇・御嶽海。

その次に期待しているのが前頭3・阿武咲です。

 

なんと、初日の取組が「御嶽海 vs 阿武咲」だったのです(>_<)

「アンダー24」初日の結果は...

「アンダー24」7関取の初日の結果は次の通りです。

直接対決があるので注目は6番になります。

取組順に書きますね。

前頭16・朝乃山 vs 十両筆頭・蒼国来

寄り切りで、「アンダー24」朝乃山の勝ち。

朝乃山、新入幕初日の対戦相手は、十両に陥落しているとはいえ、一癖も二癖もあるベテランの蒼国来です。

_/_/

立ち会い、朝乃山は蒼国来の右喉輪で大きくのぞけります。

その後、蒼国来に右四つに組まれますが、朝乃山少しも慌てず。

朝乃山、右下手で大きく自分と蒼国来を回転させ、徐々に体勢を持ち直し、そのまま寄り切り。

新入幕の初日を白星で飾りました。

新入幕初日であるにも関わらず、ベテランのような取り口でした。

前頭15・徳勝龍 vs 前頭15・豊山

寄り切りで、「アンダー24」豊山の勝ち。

_/_/

立ち会い、豊山は踏み込んで直ぐに右差し、右おっつけの体勢に。

そして、かぶり寄りながら豊山を寄り切ります。

再入幕の豊山、完勝です。

前頭11・大栄翔 vs 前頭10・豪風

押し出しで、「アンダー24」大栄翔の勝ち。

_/_/

頭でがっつり当たった大栄翔。

その勢いに押されたのか、ベテラン豪風は逃げ一方。


<スポンサードリンク>

豪風が逃げで体勢が崩れ半身になったところを押し切って大栄翔の勝ち。

幕内最年長の豪風、この日は、若い力の前になすすべがない状態でした。

前頭7・千代の国 vs 前頭6・輝

「アンダー24」輝、突き落としで負けてしまいました。

_/_/

輝は立ち会い、千代の国に頭でがっつり当たられ、体勢が立ってしまいます。

輝は身長があるだけに、立ったら弱い、それが出てしまいました。

慌てて、防戦から攻撃に移ろうとしたとき、その勢いを利用されて突き落とされてしまいます。

輝は、その高い身長を活かした闘い方を、もう少し研究する必要があるのかもしれません。

前頭6・逸ノ城 vs 前頭5・貴景勝

押し出しで、「アンダー24」貴景勝の勝ち。

_/_/

貴景勝は身長173cm、165kg。

一方、逸ノ城は慎重193cm、体重212kg。

慎重さ20cm、体重差47kg。

フツー考えたら、逸ノ城が圧勝になるのですが、そうならないところが相撲の面白いところです。

_/_/

逸ノ城は左で張り手、そのまま出てそのまま押し出すかと思いきや。

低く攻めてくる貴景勝に持て余し、ずるずると下がります。

そして、最後はいつものように(?)、土俵際の粘りなく、土俵を割ります。

大相撲で慎重さは、低身長の者にとって武器にもなるのですね♪

関脇・御嶽海 vs 前頭3・阿武咲

「アンダー24」同士の対戦ですが、叩き込みで、阿武咲の勝ち。

順当なら関脇上位の御嶽海だったのですが...。

_/_/

立ち会い、阿武咲が低くあたって、下から御嶽海を攻めます。

それを押し返そうとした御嶽海の力を利用する形で、阿武咲が左に開いて、絶妙なタイミングでの叩き込み。

御嶽海、全くいいところがない一番でした。

「アンダー24」7関取、2日目の対戦は...

「アンダー24」の7関取を注目していますが、2日目は次の7番となります。

以下、取組順です。

 

  1. 十両筆頭・妙義龍 vs 前頭15・豊山
  2. 前頭14・遠藤 vs 前頭16・朝乃山
  3. 前頭10・石浦 vs 前頭11・大栄翔
  4. 前頭7・勢 vs 前頭6・輝
  5. 前頭5・貴景勝 vs 前頭4・宇良
  6. 関脇・御嶽海 vs 前頭3・千代大龍
  7. 前頭3・阿武咲 vs 関脇・嘉風

 

どれも期待いっぱいの面白い取組です。

 

  • 豊山と朝乃山は連日のベテラン相手。どういう戦い方でベテランと対峙するのか。
  • 大栄翔と石浦、相撲巧者同士で楽しみです。
  • 輝と勢は、「人持ち力士同士対戦」(^_^;)
  • 貴景勝と宇良は元気印同士(^_-) トリッキーな宇良にガチンコ貴景勝がどう戦うのか。
  • 御嶽海、期待してます、2敗だけはしないでね。
  • 阿武咲、連日の関脇戦ですが、嘉風を破ったらホンモノで、来場所三役入りもある...かも。

まとめ

何か期待する視点を持っていると、大相撲はいっそう楽しめます。

秋場所は「アンダー24」で通しますね。

 

画像出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事