<スポンサードリンク>

日本相撲協会は12/28の臨時理事会で貴乃花親方の理事解任(決定は「日本相撲協会評議員会」預かり)を決め、「日馬富士暴行事件」の幕引きとしました。日本相撲協会は「変革のチャンス」を捨て、「独自風土山盛りの伝統」を守り、大相撲崩壊の道を選択したのです。
 

貴乃花親方理事解任

貴乃花親方の理事解任のニュースを夕方のテレビで、驚く発言を耳にしました。それはテレビ朝日系列のニュース情報番組で、今回の理事会の決定について、某親方に尋ねたものです。その某親方が誰であるかは明らかにされていませんが、その方が言ったとされる言葉に、今の角界が抱えている問題が表れています。

  • 貴乃花親方の処分は甘すぎる。騒動が早く終わって欲しい。

 
「この発言が意味するところ」については、このあとに書きます。まずは、今回の処分について…。

これは処分ではない!?

八角理事長は臨時理事会後の会見のなかで「貴乃花親方を理事解任することを満場一致で決議した」旨を発表します。正確には、理事会の決議に基づき、その内容を来年1/4の臨時評議会で決議してもらうという流れです。つまり、そのプロセスをもって「今回の決議は処分ではない」という発言をします。
 
実質、今回の理事会の決議が処分であることは明らかであり、そういう詭弁をわざわざ言わなければならないところにも、協会が抱える闇が見え隠れしています。

貴乃花親方の処分は…

ということで、今回の理事会では「貴乃花親方の理事解任」を決定しました(しつこいですが、決定は日本相撲協会評議員会です)。
 
ただし、世間を少し気にしたのでしょうか、八角理事長は会見の場で、「貴乃花親方は次の理事選には出馬可能」の旨をあえて発言していました。貴乃花一派と言われる親方は9人はいるとのことで、2月の理事選に貴乃花親方が出馬すれば、再度、理事に再選される…と言われています。そうなると、1/4に理事解任が決定しても、実質、貴乃花親方が理事を離れるのは1ヶ月ほどということになりますが…。

騒動の本質に目を背けた理事たち

今回は現役横綱による傷害事件です。角界は過去、死者を出すまでの暴行まみれの実体を世間に曝し、暴力一掃が急務だったのです。
 
その死亡事件後も弟子をゴルフクラブで、クラブが曲がるほどに殴り問題が表面化。このときはやられた弟子が訴えずに傷害事件として事件化せず、いわば、うやむやにして協会は「事を済ませた」のです。そのときのゴルフクラブ殴打したのが現春日野理事、つまり、貴乃花親方に替わり直近で巡業部長を務めた方ですね。すねに傷があろうが、事件化してないので「OK」というわけです。
 
さて、死亡事件を起こし、世間の目もあり「暴力一掃」に取り組まなければならなくなった日本相撲協会ですが、ゴルフクラブ殴打で「暴力一層」が少しも進んでないことを露呈したわけです。そして、今度は現役横綱による傷害事件です。角界はとことん「暴力一層」ができていないし、協会も全く「暴力一層」の手立てをやっていないことが世間に知れてしまったのです。
 
大きな暴力事件としては3件目。今度こそ、「暴力一層」に真摯に取り組むチャンスだったのに…。全会一致で「貴乃花理事解任を決めた」ということは、日本相撲協会の貴乃花親方を除く理事は、全員、「暴力一層」に蓋をしたということになります。なぜなら、今回の「日馬富士暴行事件」の真相と今後の「暴力一層」の取組については、全く語られなかったからです。
 
伝えもれているところによると、今回の臨時理事会の冒頭に理事長から「貴乃花親方の理事解任について」提案されたといいます。背景や議論もなく、いきなりの「理事解任」です。その異常さは、つまるところ、今回の臨時理事会は「暴力事件の真相解明」ではなく、「お家騒動」だったということです。そんな「お家騒動」ですが、八角理事長を筆頭とする理事は、これで「日馬富士暴行事件」の幕引きをしたと思っていることなのでしょうか…。

日馬富士暴行事件の本質

日馬富士暴行事件の本質は深刻です。現役横綱による暴行。そこにさらに2横綱も関わっていた。かれらモンゴル3横綱には星の貸し借りの疑惑もある。ガチンコ相撲で自分たちの言うことを聞かない貴ノ岩へのリンチという様相も見え隠れしています。
 
しかも、一般社会では許されるはずのないほどの傷害事件が、内輪でもみ消そうという痕がはっきり見えている。日本相撲協会は「貴乃花親方がタイムリーに報告をしなかった」ということを重要視していますが、それ以上に重要視すべきは「暴力一層に取り組んできたはずのなかで、現役横綱が傷害事件を起こした。そこに他の2人の横綱もおり、傷害をすぐにはとめなかった。」ということです。
 
つまり、今回の事件の本質を見据えると「暴力一層は全くできていなかった」ということが「現役横綱による傷害事件」として、世間にさらすことになったということです。そのことに対し、2つの方向性が見えてきます。


<スポンサードリンク>
  • 世間に協会の恥をさらすことになってしまった貴乃花親方を許さない。
  • 暴力一層が全くできていなかったことを反省し、変革に歩みを進めるか。

 
で、日本相撲協会は「警察にちくりやがって、あいつ(貴乃花)は絶対にゆるさない」ということで、前者を選択したわけです。「手打ちにしたことを、わざわざほじくりやがって、もうあいつ(貴乃花)は相撲ができなくしてやる」というわけです。そして、この方向性に元名古屋高検の検事長も賛同されたわけですね。それが12/28の出来事です。

早く騒動が終わって欲しい…

お待たせしました。冒頭で紹介した某親方の発言です。再掲します。

  • 貴乃花親方の処分は甘すぎる。騒動が早く終わって欲しい。

 
この感覚が角界の大勢を占めるのかどうかは、よくわかりません。ただ、前述の2つの選択肢のうちの前者「世間に協会の恥をさらすことになってしまった貴乃花親方は許さない。」ということが、実際に「ある」ということが世間に知れてしまったからです。
 
「真相解明よりも、恥さらしな騒動を収束させるのが優先」な組織では、「暴力一層」は1mmも進まない、あるいは後退してしまうことは明らかです。

公益財団法人の見直しも必要では…

「暴力一層」が現状の日本相撲協会の体制では「できない」ということは、度重なる暴行事件で明らかになりました。しかも、今回は現役横綱による傷害事件です。さらには、その事件を内々で手打ちで済まそうとしていた。
 
今回の件については、公益財団法人の見直しも必要だと考えます。
 
1/4には日本相撲協会の評議員会が開催されますが、茶番が続くというわけです。評議員会の議長、池坊氏は、この事件の一連の報道でテレビに出まくり、「貴乃花批判を展開」してきた方ですから、1/4の結果を待たずに、結果は明らかです。繰り返しますが、茶番です。

まとめ

「貴乃花親方の理事解任」が実現できて、日本相撲協会のみなさま、角界のみなさま、おめでとうございます。「貴乃花親方に前科を付けることができた」のは、大いなる成果ですね。
 
そして、あなた方は、「暴力一層をしない」という宣言をされたわけです。角界の未来を潰す選択をしたわけです。そのあとのことは、自業自得です。
 
そうそう、今回の一連の騒動で、世間の人たちはいろんなことを知りました。

  • 角界はフツーの感覚とは全く異なる世界だ。
  • くだらない軋轢山盛りの大相撲はわざわざ応援する世界ではない。

 
こういうことは、大いなるボディーブローとなると思うのはサイト管理人だけでしょうか。

追記

今回は被害者側の貴乃花親方が、まるで加害者のように扱われているということでも話題になっています。貴乃花親方が語らないので真意は分かりませんが、ここまでの対応を見る限り、「貴乃花親方が暴力まみれの角界を変革できる」とは思えません。要するに、本当に角界を変革するには、もう相撲関係者に任せては「できない」ということが、今回一番よく判ったことではないでしょうか。
 
※アイキャッチ画像の出典:pixabay

<スポンサードリンク>
やっぱ格安はUQモバイル、だぞっ!?

3姉妹のCM(長女・深田恭子、次女・多部未華子、三女・永野芽郁)でお馴染みの『UQモバイル』。
 
何がお得って、月額料金がダンゼン安い!ってことです。
なんと、無料通話もネットもコミコミで月額1,980円(税抜き)からだっていうんだから驚きですね〜。
 
し・か・も...
今ならお得なキャッシュバックキャンペーンがあるんだって♪♪
 
まずは検討だけでも...ってことで、詳細はクリックでごらんください♪
 
 


おすすめの記事